「蒟蒻ゼリー」没収体験記。日本から韓国へ、パウチタイプの蒟蒻ゼリーは持ち込みOK!

こんにちは!主人は韓国人。日韓国際結婚10年目のはるはるです。

日本で発売されている「蒟蒻ゼリー」。韓国や中国でとても人気なんですよね。よく韓国や中国の友人に頼まれて、お土産に購入していました。

ところがコロナ禍以前の、2019年に韓国に渡航した際に、「蒟蒻ゼリー」を没収されてしまいました。でも安心してください、「蒟蒻ゼリー」は韓国に持ち込めます!

その時に詳しく聞いたところ、カップタイプが禁止で、パウチタイプは持ち込みOKとのことでした。韓国人へのお土産に人気な、韓国に持ち込める「蒟蒻ゼリー」を紹介します。

スポンサーリンク

カップタイプの「蒟蒻ゼリー」が、韓国へ持ち込み禁止の理由

カップタイプの「蒟蒻ゼリー」による、窒息死の事例があったことが原因のようです。

カップタイプの「蒟蒻ゼリー」のパッケージにも、”子供や高齢者は、窒息注意”というような注意書きがあります。そのように危険だと書いてあるものを、持ち込めないというのは理解できますね。

パウチタイプ、ゼリー飲料タイプは韓国へ持ち込みOK

持ち込みが禁止されているのは、カップタイプのものだけのようです。募集された時に「パウチタイプは大丈夫」だと聞きましたが、ゼリー飲料タイプも大丈夫なようです。

2022年冬に渡航した時は、パウチタイプも、ゼリー飲料タイプも持ち込めました。

【パウチタイプ】

【ゼリー飲料タイプ】

自分で食べるカップタイプの「蒟蒻ゼリー」は持ち込みOK

カップタイプの「蒟蒻ゼリー」が持ち込める場合もあります。例えば、外袋から出して、ジップロックなどにゼリーを入れているなど、明らかに自分で食べる用だと分かる状態であれば、大丈夫なようです。

「蒟蒻ゼリー」を没収された時は6袋ありましたが、「自分で食べるのはいいよ」と1袋返してくれました。あくまで、”韓国人へのお土産として持ち込みは禁止”ということなのだと思います。

まとめ|パウチタイプ、ゼリータイプの「蒟蒻ゼリー」は、韓国に持ち込みOK

「蒟蒻ゼリー」を没収された時はショックでしたが、パウチタイプが持ち込めるので良かったです。韓国に帰省する際に、韓国の家族や友人に買ってきて欲しいものを聞くと、やはり「蒟蒻ゼリー」と声があがるからです。

韓国人にとても人気の「蒟蒻ゼリー」。お土産には、パウチタイプとゼリー飲料タイプを購入しましょう!

プロフィール
このブログの管理人
はるはる

主人は韓国人、3人子育て中の主婦です。子育て&介護の中、社会と繋がるために様々なことを独学中!!今後役に立ちそうなITスキルを細々と勉強しています。
「ハル」は、韓国語で「一日」という意味。勉強したITスキルに関すること、育児、介護、韓国に関して、私の大切な一日一日を記録していきます。
別運営の「おやこITノート」もよろしくお願いしますmm

はるはるをフォローする
韓国
スポンサーリンク
はるはるをフォローする
はるろぐ+
タイトルとURLをコピーしました