お金をかけたSEO対策は不必要!困っている人のためのブログを地道に書くことが大切

お金をかけたSEO対策は不必要!困っている人のためのブログを地道に書くことが大切

こんにちは!WordPress経営塾に参加中の、はるはるです。

WordPress経営塾ではブログの書き方も教えてくれますが、書き方のコツを掴むのが難しいですよね。そんなあなたに、是非この記事を読んでほしいです。

本日のWordPress経営塾では、キーワードの重要性や、有益な記事の書き方について教えてもらいました。

その中でも、「お金をかけたSEO対策よりも、困っている人のためのブログを書くことが重要!」という話がとても心に残ったので紹介します。きっとブログの書き方のコツが掴めてくると思いますよ。

スポンサーリンク

検索でブログに訪問してもらうために、お金をかけたSEO対策は不必要

検索でブログに訪問してもらうために、お金をかけたSEO対策は不必要

SEO(Search Engine Optimization)対策とは、Googleなどの検索エンジン上での露出を増やすための対策のことです。検索結果に表示される回数が多いほど、クリックされる可能性が高くなるので、サイトへの流入を見込めます。

私のこのブログにも「SEO対策しませんか?」という、営業メールがきたことがあるので、その度に「どのくらい効果があるのだろう」と疑問に思っていました。

しかし、私たちはそんなことをする必要はありません!

Googleなどの、検索エンジンのアルゴリズムはよく変わる

検索サイト主流のGoogleの場合、検索上位にくるための法則(アルゴリズム)は、よくアップデートされるようです。

お金をかけたSEO対策であれば、そのアップデートの度に対策が必要になってきます。

必要な人に届く有益な記事は、どんな検索エンジンにも表示される

変化する検索エンジンのアルゴリズムや、Googleだけでなく様々な検索サイトに対応するためには、「必要な人にダイレクトに届く有益な記事」を書くことです。

地道な作業かもしれませんが、検索エンジンのアルゴリズムが変わっても、検索サイトが変わっても、時代が変わっても、「必要な人に届く記事」には、きっと訪問してくれることでしょう。

お金をかけたSEO対策が不必要な、有益なブログを書く2つのコツ

お金をかけたSEO対策が不必要な、有益なブログを書く2つのコツ

「必要な人に届いた記事」は、必ず最初から最後まで読まれていると思います。そのように、滞在時間が長いブログは「Googleに”有益な記事”と判断されているかもしれない」という話がありました。

ブログに長く滞在させる「有益な記事」を書くコツは、2つです。

お金をかけたSEO対策が不必要なブログの書き方|ターゲットは絞りに絞りまくる

あなたの書いたブログ記事を、最後まで読んでもらうには、ターゲットを絞りに絞りまくることが大切です。

たった一人の人に伝えるために書きましょう!

私のこのブログ記事は大きくは「ブログ初心者」に向けて書いていますが、さらに「WordPress経営塾の塾生」→「ブログの書き方に悩んでいる○○さん」と、ターゲットを絞りました。

○○さんに、届いているかな?

お金をかけたSEO対策が不必要なブログの書き方|短くても良いので一つの記事に一つのことを書く

「一つの記事に一つのことを書く」ことができると、何かで困って検索している人が、すぐに情報を見つけて、すぐに解決することができます。そしてきっと、最後まで読まれますよね。

一つの記事に一つのことで良いのなら、ブログを量産できると思いませんか?

すごく簡単なことのようで、私は非常に苦手です。どうしても盛りだくさんに書いてしまいがちなので、意識していきたいと思います。

まとめ|「誰かのためにブログを書く」と、ブログ生活が楽しくなる!

誰かを助けることができたら、自分もうれしい気持ちになりませんか?

困っている誰かに向けてブログを書くことができれば、「もっと伝えたい!」という気持ちになってくると思います。

有益な記事を書くコツは、本当にシンプルです。素直にそれを実行して、有益な記事を書くコツを掴んでいってくださいね!

プロフィール
このブログの管理人
はるはる

主人は韓国人、3人子育て中の主婦です。毎日バタバタな子育て&介護の中、社会と繋がるために様々なことを独学中!!
フォトショ、イラレ、SNS、ワードプレスなど、今後役に立ちそうなITスキルを細々と勉強しています。
「ハル」は、韓国語で「一日」という意味。勉強したITスキルに関すること、育児、介護、韓国に関して、私の大切な一日一日を記録していきます。

はるはるをフォローする
ITスキル
スポンサーリンク
はるはるをフォローする
はるろぐ+
タイトルとURLをコピーしました